岩手|株式会社坂本屋|線香|ローソク|アロマテラピー|仏具|葬祭関連用品|家庭日用品雑貨卸売業

qrcode.png
http://kk-sakamotoya.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社坂本屋
岩手県盛岡市中野1丁目27-6
TEL.019-622-0080
FAX.019-622-0081
──────────────
1.線香
2.ローソク

3.アロマテラピー
4.仏具
5.葬祭関連用品
6.家庭日用品雑貨卸売業

──────────────

 [ 東北に根差す]
青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県の東北各地の葬儀社、仏壇・仏具店中心に取引させて頂いております。

[私たちの使命]
―心の豊かさを創造する―
線香・ローソク・仏具中心の卸売を展開しておりますが、根っこは「より多くの人たちの心を豊かにしていくこと」です。
取扱商品を通した心豊かな土壌づくりはもちろん、伝統文化を大切にすること、地域・社会貢献にも力を入れております。
また、東北中心の活動のためフットワークの軽さは業界随一と自負しております。

 

知識のおふくわけ

   
「知識のおふくわけ」では、 お客様のパートナーとして『製品の知識、集客の知識、経営の知識』を中心にしたお役立ち情報を提供して参ります。
 
フォーム
 
ローソクの豆知識.6 ローソクはなぜ明るいの?
2013-10-30

ローソクの豆知識6回目は、
「ローソクはなぜ明るいの?」です。

明るいのは当たり前と思うかもしれませんが、
青い炎もあったり、
なかなか明るさをとるのは難しいものです。

では ローソクがなぜ明るいのかというと、
ローソクに火をつけると、熱によってロウが溶け出し、
さらに気化して燃え、
ロウの中の炭素が赤く光っているからです。

赤く光るからこそ
ローソクは明かりをとるためにも使用されてきたのです。

 
ローソクの豆知識.5 ローソクは何でできているの?
2013-10-24

ローソクの豆知識シリーズ第5弾です。

第5弾は
「ローソクは何でできているの??」
です。

現在、市販されているローソクのほとんどは
石油から採れる【パラフィンワックス】
主原料として作られております。

国内メーカー使用のワックスには、
紙パック類、お菓子などの包装紙、
化粧品、医療品などにも使用される種類(グレード)もあり、
その中でも、安全性の高い原料を使用しているのです。

ローソクを比べてみると、
意外と安価品は黒い煙が多く出るなど、
質の違いが分かりやすいので
是非、お試しください。

 
ローソクの豆知識.4 明るさの単位
2013-10-15

ローソクの豆知識第4弾です。

今回は「明るさの単位」について。

聞きなれない方も多いと思いますが、
明るさにも単位があります。

単位というと、「cm」とか「kg」とか「W」という類のもの。

では明るさはどのように表すのか・・・

それは「cd」と書き、
読み方は「カンデラ」となります。


これは「ローソク=キャンドル(candle)」から
来た言葉で、ローソク1本の明るさを1カンデラとしたことから
由来されます。

私たちに欠かすことのできない明かり。
電気のない時代は、さぞローソクが重宝されていたことでしょう。
いかにローソクがありがたいものだったかが分かる豆知識ですね。


次回は、「ローソクは何でできているの?」をアップします!
ではまた。
 
「喪中見舞」の習慣化
2013-10-09
近年、
「喪中ハガキが届いた際に、
進物線香を差し上げる」
という習慣が定着しつつあります。

葬儀をご家族のみで行うことが多くなってきているため、
喪中ハガキが届くことで
初めて不幸があったことを知るケースが増えてきているのです。

また、年賀状を送った後、
喪中ハガキによって不幸を知るケースも増えております。

そのため、11月頃〜1月頃までは
進物線香を十分に準備しておくことが親切かと思われます。

更に、その際は
「一筆」添えて お悔みの気持ちを
お伝えできるように準備もしておくことが
より親切ですので
売場の方は準備をお忘れなく!!



※POPも準備しております。
下記のリンク先からどうぞご自由に活用ください。
24番が「喪中見舞POP」です。
http://kk-sakamotoya.com/publics/index/73#type019_73_1

 
ローソクの豆知識.3 シャンデリアの語源
2013-10-08

第3回目のローソクの豆知識です。

みなさんも「シャンデリア」は知っているかと思います。

あの豪邸なんかによくある照明ですね☆

その語源は 一体何なのか・・・

それはなんと「ローソク」だったのです!

フランス語でローソクは「シャンデル(Chandelle)」と言います。

17〜18世紀のフランスの宮殿では、

シャンデリアにたくさんのローソクを灯し、

豪華な照明を作り出していました。

そこから「シャンデリア」という名前になってきたのです!!

ちょっとした豆知識ですが、
話のタネにでも覚えておいてもよろしいのではないでしょうか。
<<株式会社坂本屋>> 〒020-0816 岩手県盛岡市中野1丁目27-6 TEL:019-622-0080 FAX:019-622-0081